自然の掟

画像
 たった今、ニワトリが一羽、持って行かれました。多分、野良猫の仕業だと思います。

 こうしてパソコンをいじっていたら、開け放った窓から異様な鳴き声が。私が気づいて家族3人で駆けつけたときには、既に一羽の姿はありませんでした。もぎ取られた真っ白な羽が辺り一面に散乱していました。実はつい最近も休みの日や朝晩に、日中でもニワトリ小屋の周りを野良猫がうろついているところを何度か目撃しましたので、犯人はきっとあの魔女の宅急便の"ジジ"のような黒猫でしょう。

 今までも何羽か殺られました。大抵殺られるのは一番弱くて体の小さなウコッケイ。今回もです。
 以前は土を掘って侵入されたので、チキン・ワイヤーを土の下30cmくらいまで埋め、我が家の売るほどある直径10cmくらいの石でがっちり固めました。それ以降は土を掘って侵入されたことはありません。今回は、上からやられました。

 ニワトリの住処は3つに分かれています。まず、夜寝たり産卵するためのチキンハウス。これはホムペの"StoYプロジェクト"で紹介した2003年のGWの作品で、熊以外の侵入(破壊)は防げる極めて丈夫な作りです。2つめはビニールハウス製の雨天運動場。ここも安全度はまぁまぁ。そして3つめが、晴天時の運動場です。今回はチキンハウスの入口の扉を閉め忘れたことによる、晴天時運動場からの侵入でした。地上1mくらいまでの柵はチキンワイヤーで囲ってあるので丈夫なのですが、その上はナイロン製の防鳥網で覆っています。それを破られました。殺られたのは、またもや一番弱いウコッケイのメスでした。

 山の中では、こういうことはよくあります。犯人は野良猫以外に、いたちや蛇。狐も、まだ見たことのない狸もいます。リスや鹿もいますが、彼らは草食なので、畑の作物以外は被害に合いません。人間と動物達との知恵比べでやっていくしかありません。

 弱肉強食は自然の掟です。


【写真】 生贄となったウコッケイのメス

この記事へのコメント

sakura
2005年07月12日 01:40
まず思ったことが猫(家のまわりで見かける)ってにわとり(もっともご近所でにわとり飼っている家もないけど)捕って食べるんだろうか・・・ということでした。
でもそれはやはり飼い猫と野良猫の違い・・・。家の周りで見かける猫は帰る家があって家に帰ればちゃんとキャットフードが用意させている・・・なにも捕食行動しなくていいのだから。そこへいくとむとさんの家の周りにうろついている野良猫は自分でえさと捕らなければ生きていけないのだから必死なのだろう・・・。
猫も(他の動物も)人間も厳しい環境の中で生きていることを思い私なんていたってのほほんと生きていること改めて思い知らされた次第です。
Papalin
2005年07月12日 01:53
sakuraさん...、今宵は重たいブログでした。

飼い猫は多分自分では餌を取れないんじゃないかな。その点、野良猫は生きることに必死です。以前、団地に暮らしていた頃も、ビニールハウス内で飼っていたニワトリ(このときもウコッケイでした)を野良猫にやられました。お腹をすかせた野良猫でも、内臓しか食べないんですよね。というか、一番美味しいところを食べたらお腹いっぱいになってしまうのかな。たまに、内臓のない鯉なんかを見かけます。自然の掟です。
ミーコ
2005年07月12日 17:13
sakuraさん、こんにちは!ほんとに知らない方とでもこうして、お話しできるなんて、うれしいですね。実は、papalinさんのブーメランコメントの説明が、結局は、よくわからなくて、再コメントしたんですが、パソコン君が動かなくなってしまい、伝えることができませんでした。でも、sakuraさんが、わからないことを聞いてくださり、理解することができました。ありがとうございます。
今回のお話は、悲しい内容でしたね。生きていくことは、きびしいことでもありますね。
sakura
2005年07月12日 18:37
ミーコさん こんばんは。
私は結局わかったようなわからないような状態ですが まあ徐々に慣れていくしかないかな~と思っています。
よろしくお願いいたします。
Papalin
2005年07月12日 20:17
ミーコさん、sakuraさん、ようこそ。
いいですね、こうして新しく出会ったネフレ同士でお話が弾むのって。どんどんどうぞ。
Papalin
2005年07月12日 21:55
娘の分析...
ニワトリを捕られたのは、いつも雨の日だった。

昨晩もそう。その前は白昼堂々とやられたが、そのときも雨だった。

雨が降ると、獲物にも、番犬にも、匂いが消される、気づかれない...。これは動物の本能でしょうか。
クララ
2005年07月13日 08:46
室内で飼っていたチャボ(捨て?迷い?チャボ)を猫に捕られたことは、20年経た今でも痛恨事です。庭で遊ばせている時、ちょっと目を放した隙に・・・
思い出して胸が痛い!
Papalin
2005年07月13日 23:15
クララさん、ようこそ。
家の白昼堂々とやられたウコッケイも、庭で遊ばせていたちょっとした隙にやられました。悔しいですね。
Papalin
2005年07月15日 01:36
読み手も楽しくなるような、そんなブログを書きますって宣言した直後にこんな記事だもんなぁ。朝令暮改、大の得意技です。
Papalin
2005年07月15日 17:49
野良猫 動物学のページさま
トラックバックのURLが正しくないようで、続きを読むこともできません。もしこちらにお越しでしたら、修正願います。

この記事へのトラックバック

  • 野良猫ミキ一家の写真

    Excerpt: 母猫のミキです。 「ペットといると、気持... Weblog: 野良猫 動物学 racked: 2005-07-15 03:39
  • ニワトリ と アヒル

    Excerpt: 我が家では、ニワトリとアヒルに関するグッズなら、何でも購入してよいという暗黙ルールがあります。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2005-09-30 07:08
  • 自然の掟 Ⅱ

    Excerpt: ニワトリが一羽死にました。仕方ありません。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2006-01-26 23:43
  • チョビが死んだ。

    Excerpt: オカメインコ。前のうちに居たときから、娘が小学2年生の時から一緒でした。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2006-09-20 20:11