キイロスズメバチに刺され 皮膚科通院

画像
 昨日14:05に、キイロスズメバチに10箇所も刺されて、休日当番医に行った以降のお話です。

 そうです、緊急当番医に言われたとおり、朝一番で皮膚科に通院しました。夏休みで待合室は子供たちとその親とで、椅子は満杯でした。本を読みながら待つこと小一時間。診察室から呼び出しがあり、読んでいた本を手にしたまま、診察室に入りました。


☆O先生☆ 「マリア、何の本?」
★Papalin★ 「これですか? マリア・
         カラスの『カラス・バイ・
         カラス』です。」
☆O先生☆ 「いや、ふ~ん。」
★Papalin★ 「先生、昨日スズメバチに10箇所ほど刺されまして、緊急当番医に
        対症療法として××をしてもらったのですが、『明日ちゃんと皮膚科
        にかかりなさい』と言われましてやってきたんですが...。」

 刺された箇所をPapalinがズボンの裾をまくって見せようとしているのに、O先生ときたら、そんなところには目もくれずに...

☆O先生☆ 「あなたねぇ、蜂に10箇所も刺されてぴんぴんしてるでしょ? 問題
        ないですよ。」
★Papalin★ 「はぁ。でも動悸が収まらずに、ステロイドの点滴を200cc(通常の
        倍)も打たれたんですよ。」
☆O先生☆ 「血圧はどうだったの?」
★Papalin★ 「見たこともない数字で、上が158、下が確か90くらいでした!」
☆O先生☆ 「ね、そうでしょ? 蜂に刺されてアナフィラキシー・ショック症状が
        出る人というのはね、一生懸命に蜂の毒と戦うために、心臓から、
        じゃんじゃんと血液を送り込むんだけど、それでも追いつかずに、
        毒に負けて、逆に血圧が下がることによって、場合によっては命を
        落とすんですよ。あなたの場合は、蜂に10箇所も刺されたという
        ことがショックで、興奮していた結果の血圧上昇です。何も心配
        要りませんよ。」
★Papalin★ 「はぁ。それと、緊急医には、『今回は大丈夫だけど、2回目は危
        ないかもしれないので、皮膚科の先生に相談して、次回刺された
        ときのために、自分で打つことができる注射をもらっておくといい。』
        と言われたんですが...。」
☆O先生☆ 「あぁあれは、衣服の上からでも注射できるというもので、日本では
        売ってたかなぁ。一本一万円しますよ。でも有効期間はたった一年。
        そんな高いお金を毎年払ってまでして持っている必要はないんじゃ
        ないかなぁ。そう思うけどなぁ。」
★Papalin★ 「はぁ。」 ・・・ 「それと、今度刺されたときには、吸引器で毒を
        吸い取るといいとも言われたのですが...。」
☆O先生☆ 「アメリカなんかではよくあるんですが、日本では売っているかなぁ。
        そうそう、口で毒を吸い出したりしてはいけませんよ。もし口内に傷
        があったら、そこから毒を体内に吸収してしまうことになるでしょ?
        だから絶対にやらないで下さいね。」
★Papalin★ 「はぁ。

...というわけで、私は蜂の毒には強い体質のようで、とりあえずは安心しました。でも、あの蜂が山ほどズボンにたかっていた光景を思い出すにつれ、ゾクゾクしてしまいます。刈払機による振動(エンジン音)が蜂を興奮させ、群をなして襲ってきたのではないかとも言われました。

 しばらく蜂は見たくないですね。(泣)


【写真の撮影データ】
タイトル 「高貴な紫の色を放つクレマチス in 2005」
カメラ機種名 Canon EOS 20D
撮影日時 2005/07/23 13:25:37
Tv(シャッター速度) 1/160
Av(絞り数値) 6.3
画像サイズ 1152x1728
ストロボ 非発光
色空間 sRGB
ファイルサイズ 693 KB

この記事へのコメント

sakura
2005年08月08日 23:59
こんばんは。
ハチにさされ大変痛い思いしたようですが とりあえず大丈夫ということでよかったですね。でも今後のことを考えると心配ですよね。だって大きな巣があるんでしょう。またいつ襲ってこないとも限らない・・・。草刈は昔ながらの鎌に切り替えますか。(それも大変・・・)
tetu5252
2005年08月09日 05:51
おぉ~。コワッ。大事なくてよかったですゥ。
Papalin
2005年08月09日 06:28
sakuraさん、草刈はやはり刈払機でできるところは頼らざるを得ませんので、早期にスズメバチの巣を撤去することを考えています。自治体によっては市で駆除してくれるところもあるようですが、ここ茅野市はないので、業者に頼みます。費用は2~3万円ですって。
Papalin
2005年08月09日 06:35
tetu5252さん、いらっしゃいませ。
 ホント、思い出すだけで身の毛がよだちます。蜂を侮ってはいけないですね。大事に至らなくて本当に良かったです。でも、昨日の午後辺りからは、今度は刺されたところが痒くてたまりません。(笑)
sakura
2005年08月09日 07:37
撤去費用がかかっても命にはかえられませんよね。
お大事に・・・。
Papalin
2005年08月09日 08:43
sakuraさん、毎年ひたすら撤去するか、宇宙服で作業するか、どちらかですね。とりあえず今年10年ぶりくらいで新調した"黒の"つなぎは、蜂の興奮するシーズンは着ないようにしたいと思います。熊だと思って、黒いところを目掛けて襲ってくるようです。頭髪は茶髪に、衣装は白系にします。(笑)
クララ
2005年08月09日 08:47
大変でしたね。私も山の中に暮らしていますので人事ではありません。近所の軒下にスズメバチがすを作ったり。知人のガーデナーも首と胸を刺されましたがぴんしていますよ。黒と黄色が嫌いらしいです。
sakura
2005年08月09日 16:51
こんにちは。暑いですね。今日はお休みで草取り少ししました。花は残して(コボレダネのマリーゴールド ペチュニア ブルーサルビア・・・)が私らしいです。
自然界では色は重要かもしれません。前に子供が黄色い服着てると虫が寄ってくるっていってましたもの。
Papalin
2005年08月10日 01:48
クララさん、ご無沙汰しております。あれ以来、山梨の方には行ってなくて、それっきりになっています。
 うちも軒下に2年連続で巣をかけられました。怖いです。黒は良くないようですね。熊だと思ってスズメバチが襲ってくるんだそうです。お~コワ!
Papalin
2005年08月10日 01:50
sakuraさんの子供さん、するどいですね。僕のうちでは、アシュピンのママのブログにあるように、冬から春にかけて、家の中で育苗します。すると、どこからともなく、温室コナジラミがやってくるんです。で、彼らのお気に入りが黄色...なんですね。黄色い接着剤つきの紙をぶら下げておくと、それはもうよく捕れますわ。
Papalin
2005年08月15日 04:52
実は昨日、堆肥置場の移設をしたのですが、周りを囲っていたフォークリフト用の台木の中に、アシナガバチが巣を作っていて、それに気づかず撤去する際に、アシュピンのママが刺されてしまいました。
 場所は左のおでことこめかみの中間ぐらいのところ。時間が経つにつれて、段々腫れてきて可哀想です。
 これで3週連続で蜂にやられています。
sakura
2005年08月15日 06:51
おはようございます。
今年は蜂にたたられますね。十分注意され作業されてくださいね。
Papalin
2005年08月15日 16:01
sakuraさん、本当に毎週僕か妻かのどちらかが受難に会っています。でも、来客者に被害がないのがせめてもの救いです。蜂、怖いです。でも、今晩もきっとガゼボで宴会です。

この記事へのトラックバック

  • Papalinの逆襲!!!

    Excerpt: アシュピンのママのブログで、彼女がコメントしていましたが、スズメバチに宣戦布告しました! Weblog: イングリッシュ・ローズガーデン・むとう racked: 2005-08-12 07:46
  • 21時のゴースト・バスターズ

    Excerpt: 何の前触れもなしに、夜9時に、我が家にゴースト・バスターズが現れました! Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2005-08-24 23:04
  • 100ブログ記事達成で 振り返り (1/2)

    Excerpt: まずはランキングについて。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2005-09-04 07:18
  • 真相解明 !!!

    Excerpt: こういう四文字熟語のブログのタイトル、どこかで見た覚えはありませんか? Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2005-09-10 23:33
  • 20時半 の ゴースト・バスターズ

    Excerpt: 注意書き : このブログを読む前に、前の2つのブログを読んでくださいませ。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2005-09-11 00:16