20時半 の ゴースト・バスターズ

画像
注意書き : このブログを読む前に、前の2つのブログを読んでくださいませ。

 こう物語が展開してきたら、このタイトルの登場ですよね。

 即日、駆けつけてくれました。前回のメンバー3人中の2人で。
 かくかくしかじかで...と説明し、またもや刺されてピンピンしているPapalinを見て、彼らは「きっと小さい奴だろうな。」と言っていましたが、夜なのでPapalinが現場をサーチライトで照らすと、

Aさん「いや~、これはデッカイぞー。
Bさん「覆って取るってもんかな?」
Aさん「いや、いつもの通りやる。俺がやるから、お前はこっちに来るな。」

 と対話しながら、例のゴーストバスターズの衣装を身にまとい、またもやアッと言う間に駆除してしまいました。上下の幅の狭いところに巣を作ったので、巣の中は2段だけの構造でした。でも、中にいたキイロスズメバチは、こんなにも大きかったのです。これを見たら、また、目がくらくらしそうになっちゃいました


【写真の撮影データ】
タイトル 「お願いしてすぐ駆けつけ、職人芸のように巣を駆除してくれました」
カメラ機種名 Canon EOS 20D
撮影日時 2005/09/10 20:36:33
撮影モード オート
Tv(シャッター速度) 1/60
Av(絞り数値) 3.2
測光方式 評価測光
露出補正 0
ISO感度 400
レンズ 28.0 - 70.0 mm
焦点距離 53.0 mm
画像サイズ 2544x1696
画質(圧縮率) ファイン
ストロボ 発光
ストロボの種類 内蔵
調光補正 0
赤目緩和 切
シンクロタイミング 先幕シンクロ
ホワイトバランス オート
AFモード AI フォーカス AF

この記事へのコメント

lavie
2005年09月11日 11:39
papalinさん、災難でしたね。でも、2回目もお元気そうとのこと、何よりです。あの黒えびすの後、そんなことが起こったとは、夢にも思いませんでした。とっても楽しそうだったのに。災害って、突然やってくるんですよね。恐縮ですが、蜂の巣からは、蜂の子とか蜂蜜などがとれるんですか?
ごめんなさい。蜜蜂じゃああるまいし、蜂を二度と見たくないpapalinさんにとって失礼な質問でした。痛みが早く取れるといいですね。お大事なさってください。
sakura
2005年09月11日 15:28
やりました~~~~~~
ネット世界にもどれたんです!もう2度と戻れないかも(ちょっとおおげさ・・・)なんてどんどん暗~~~くなっていく自分が嫌でした(笑)
みなさんからの暖かな励まし本当にうれしかったしこれからもずっとずっとよろしくの気持ちです。ほんとうにありがとうございました!
aosta011
2005年09月11日 17:18
初めておじゃまいたします。        皆のさんコメントがとても楽しそうなので、パソコン不慣れな私もとうとうしゃしゃり出てしまいました。           もう20年あまり昔、オペラ座で「エリザベート」なる作品を見たことがあります。当時はオペラより、シャガールの天井画に、もっぱらの興味があり、オペラそのものには、途中まであまり集中していませんでした。  その時が、初演だというその作品が、あのエリザベス バートリーの物語だと気がついたときは、もう終り近くなってからでした。 あれから、「エリザベート」が再演されたという話をきかないのですが・・・      ごめんなさい!我が家の、スパニッシュビューティーに三つも巣を作ってくれた、あしなが蜂について書くつもりが、まったく違う話になってしまいました。 、
2005年09月11日 23:27
lavieさん、Papalinは至って元気です。お気遣いをありがとうございました。
 スズメバチの蜂の子は食したことはありません。一般的にはアシナガ蜂の幼虫ではないでしょうか。(実はあまり詳しくないのです)
 蜂蜜は、ミツバチのお仕事です。スズメバチは雑食、それも動物の肉を主食とします。なので、蜂蜜は取れませんね。もし取れていたら、痛みも忘れて、蜂蜜収穫に喜びを感じていたことでしょう。今回は2回目でしたが、まだまだ大丈夫そうです(?)。痛みは刺された昨日の3時間ぐらいだけでした。今は、どこを指されたかの感触さえありません。痒くもありません。強靭なPapalinです。(笑)
2005年09月11日 23:29
sakuraさん、お帰りなさい。また元の環境に戻れましたこと、心からお祝い申し上げます。
 sakuraさんのコメントがないと、Papalinのブログは片手落ちです。復旧したとのことですので、また書いてください。書きにくい記事でも書いて下さい。頼みます!
2005年09月11日 23:36
aosta011さん、はじめまして。そしてようこそ思い切ってPapalinのブログにコメントを書いて下さいました。ありがとうございます。
 オペラ座でオペラを見たとのこと(ひょっとしたら、天井壁画を見たとのこと)、羨ましいです。欧州のオペラハウスの美しさは筆舌に尽くしがたいものがありますよね。初演を御覧になったというのも、勇気とギャンブル性が必要です。つまらないものはつまらない。傑作は傑作で感動する,,,それが新作の初演ですよね。僕は石橋を叩いて渡る口なので、いくつか予習をしてからでないと、こういうのは見れません。だから尊敬です。
 蜂の話も、おいおいしましょうね。
sakura
2005年09月11日 23:39
お言葉に甘えてチャットのごとくPapalinさん追いかけてコメントしているんですけど・・・
気づいているかな Papalinさん(笑)
aosta001
2005年09月12日 05:53
おはようございます。         期末テスト中の息子に付き合って、今朝はずいぶんはやく起きてしまいま。    papalinさんは、本当に蜂に強くてうらやま しいです。私の場合、虫に刺されるとものすごくはれあがり、いたいのなんの!     そのうち、人目をはばかるほど巨大な(そうですねえ、おたふく豆位)みずぶくれとなりつぶれた時はかなり悲惨!       というわけで、蜂に刺されたらいったい、どういう状態になるか、想像もつきません。  というわけで、足長蜂をげきたいするなんて、できそうもありません。さりとて、このままにもしておかれず、絶対安全な方法ってありますか?絶対はない、ですよねえ。
2005年09月12日 06:18
sakuraさん、気づいてますよ。お、ニアミスしてるって、分かりましたよ。ところが昨晩は、1ヶ月ほど前に見つけた、美味しそうなアイリッシュ・パブで、BuinessとKirkeneyを併せて5パイントも飲んでしまい、帰宅後、PCいじりながら、名ちゃいました。(笑) でも、料理も美味しくて、最高でした。また紹介します。
2005年09月12日 06:30
aosta001さん、おはようございました。高原の朝は空気が美味しいです。
 aosta001さん、Papalinの体質を誤解しています。実はPapalinは、蜂には強そうだということが、この1ヶ月ほどで実証されましたが、一方で"ブヨ"にはとことん弱いのです。一箇所刺されただけで、直径5cm以上の円形が腫れあがって熱をもちます。そしてとても痒くなる。掻き毟って、頭がジクジクになる。直るまでには1ヶ月以上かかります。そういう体質なんですね。
 アシナガバチは、普通の"アース"なんかのスプレイを5秒くらい吹き付ければ、巣からぽとぽと落ちて死にます。そのあと、棒状のもので、巣をつついて落下させ、念のため中にいる幼虫やサナギをふんずけて殺します。これ、安全ですよ。できたら夜襲がいいかも。
2005年09月12日 11:54
Papalinさん、お邪魔します。
蜂の巣
怖いです~。気持ち悪いです~。今年我家も葉切蜂に巣を作られて怖かったです!。 ゴーストバスターズ、凄いですね。
 また、遊びに来ます~。
aosta001
2005年09月12日 12:08
ppapalinさま、ありがとうございました。足長バチ撃退のテクニック、了解いたしました。これから”アース”スプレイを購入してまいります。今夜がたのしみだな~。でも、一つを攻撃していたら、ほかの巣の蜂が襲ってくる なんてことは、ありませんよね?蜂さんが、嫌いというわけではないんですが巣を作られた場所がね。伸びすぎたスパニッシュビューティーどうしようもないんですもの。
2005年09月12日 23:30
かなかなさん、こんばんは。みずがめ座B型のPapalinです。
 救急で駆けつけた病院の看護士さんが、今年は蜂刺されでの来院が過去最高では...と言っていました。こんな最高記録は要らないんですけどね。(笑)
 また遊びに、おしゃべりをしにお出で下さい。
2005年09月12日 23:49
aosta001さん、こんばんは。Papalinです。(pが1個多かったかな?・・・笑)
 蜂の巣を見つけたら駆除するのがいいと思います。巣の中で赤ちゃんが生まれちゃうと、また増えちゃいますしね。
 他の巣の蜂が襲ってくることはまずないでしょう。夜襲するのは、相手にこちらの姿を見せないためです。ご健闘を!

この記事へのトラックバック