オペラ座の怪人 by 劇団四季

 約10年ぶりに観て来ました。
画像
 東京は汐留の電通四季劇場です。
 娘が昨夏にUSで映画を見て、いたく感動し、帰国してDVDを買い、そして今回の浅利慶太さん(僕も第九の合唱で参加した、1998年の長野冬季オリンピックの開会式の演出もされた方です)が演出された劇団四季による日本語での上演を娘と一緒に観てきました。

 私が地元の合唱団に所属していた頃に、合唱仲間と観に行ったのは、かれこれ10年も前のことになります。当時はインターネットなんかない頃でしたので、当日、劇場に行って、「本日のキャスティング」という掲示板を見て、あ~、当たり!とか、残念~とかでした。でも今や、チケットの予約はもちろんのこと、キャスティングまでネットで事前に知ることが出来るのですね。昨晩、娘が調べていてわかったのですが、感動でした。

 そして今日のキャスティング、なんと、10年前には観られなかった、劇団四季の顔ともいうべき、石丸幹二さんがラウルを演じました。彼は多分、オペラ座の怪人の初演からずっと演じていると思うのですが、大ベテラン。でも、顔も、スタイルも若い! そして声も若い! 彼は、劇に出てくるお猿さんのオルゴールを求めにヨーロッパまで足を運んだという熱の入れよう。素晴らしい!

 メインの怪人ですが、芸大院卒で、音楽大学の先生もされているという、若手の高井治さんでした。このミュージカルは2幕ものですが、前半を聴いた(観た)感じでは、歌は上手いのですが、怪人の迫力がちょっと足りないかなと、幕間に娘と話していたのですが、後半はすごかった。ものすごく感情移入されてきて、惹きつけられました。

 他には、クリスティーヌ・ダーエが、非常に若い高木美果さん。冒頭のアリアがちょっと不安でしたが、でも頑張っていました。特筆すべきは、カルロッタ役の諸英希さん。歌唱力では、役どころ通りにクリスティーヌを凌いでいました。カルロッタ、クリスティーヌ、もし小池由美さんが歌ったら、どんなだろうかと想像していました。

 東京公演は、生のオーケストラが入ります。肝心なところで、ホルンがはずしたりもしましたが、それでも、録音に合わせての地方での公演とは違った緊張感と調和がありました。満足です。

 ミュージカルを観に行く前に、渋谷の東急ハンズで買った仮面。撮影してもらっているときに、何人かの人に笑われました。 カ・イ・カ・ン !
画像


【写真】 あの感動を写真に収めたい! 駐車していた渋谷に戻ってパチリ!

この記事へのコメント

dogachan
2006年01月10日 00:21
おっ!?このPaplinの顔写真・・・
今まで見た中で一番カッコいい!
>撮影してもらっているときに、何人かの人に笑われました。
僕は(今回は)笑いませんでしたよ!
引き締まった「男の顔」というか・・・
まっすぐ見つめる瞳が精悍です!
いゃぁ・・・「いい表情」ですよ。

Papalin、これから毎日仮面つけたら?(笑)
・・・おっと?笑っちまったい!
でも「笑われる」のが、カ・イ・カ・ンだから
まっ、いいか!?(笑)
aosta001
2006年01月10日 00:48
dogachanさん、こんばんは。
papalinさんの大きな写真に笑い、dogachanさんのコメントに笑い、でも、もしかしたら夢の中ではあの写真にうなされるかもしれません。
私ごとですが、今夜は子供たちと遅ればせながらの「ハリー・ポッター/炎のゴブレット」を見てまいりました。
7時25分からの上映でしたが映画館まで片道1時間弱かかってしまうので、帰ったら時には11時を回っておりました。
なんだか、お腹がすいて3人で低カロリーの春雨ヌードルを食べこれから寝ようというときに、papalinさんのお写真を見て深夜にも係わらず、大笑いしてしまいました。
ブログの本文は明日のお楽しみにして、今夜はこれで休みます。
dogachanさんにお会いできて嬉しかったです!
2006年01月10日 07:13
dogachan、今朝から、このマスクをして出勤しようと思っています。(笑)

 でも、このマスクを被って被写体のポーズを撮っていたら、娘が逃げていきました。関わりたくないと思ったのでしょうね。(笑)
2006年01月10日 07:16
aostaさん、心地よいお目覚めであったことを祈っております。
 そうですか、家族で映画をね。小一時間というと、岡谷のス○ラザですね。あそこは、数本を同時上映していていいですね。諏訪地方での数すくない、すぐれた映画館です。
sakura
2006年01月10日 15:09
こんにちは。
仮面をかぶっているのはPapalinさんですよね。今までこのブログいろんなPapalinさんを見てきましたが・・・時に石原裕次郎さんだったり 演歌歌手だったり・・・今回また違ったPapalinさんですね。その七変化(もっと変化しているかも)がまた楽しいですね。表情もいつになく真剣そのもの 気分はオペラ座の怪人になりきっているんでしょうね。
lavie
2006年01月10日 20:33
写真を見て、うっ、となってしまった後にすかさず、dogachanのコメント。大受けです。
いつもタイミング良く笑えますね。
笑うと免疫力がアップするそうです。また、笑わせてください。

私もオペラ座の怪人をまた生で見たいです。NHKニュースで海外、N.Y?で、公演が最高数を記録したと今日、放送してました。いいなあ。
2006年01月10日 21:41
Papalinむとさん
ご無沙汰してましたが。ことしもよろしく!

仮面似合う~(^^)
舞踏会に誘われたーい(#^^#)
2006年01月10日 23:58
sakuraさん、こんばんは。実は自分では気に入ってない写真なのですが、二人の家族が「これが一番ましな方」とのたまうので、これにしました。真剣な顔をしているのは、近視で何も見えていないのと、そうは言っても、道行く人の笑いが聴こえたので、ちょっと真剣になっちゃったのです。変な顔!
2006年01月11日 00:07
lavieさん、まさかブログをスクロールしていったら、あんな写真が出てくるとは思わなかったでしょう? ちゃんと計算してまんがなぁ。
 この劇団四季のオペラ座の怪人も、キャッツと並んで、超ロングランです。
2006年01月11日 00:11
てんこさん、賀正でございます。
 仮面、似合いますか? 実は知る人ぞ知る(みんな知ってますが)、Papalinはかぶりもの大好き人間なのです。舞踏会お誘いしましょうか? ぶっとい会だったりして...。
aosta001
2006年01月11日 06:03
papalinさん、
言われてみれば、このお写真、いつになく緊張感漂うお顔のようにみえてまいりました。
”オペラ座の怪人”本文よりこちらの方がインパクトあるみたいですね。
写真の話題で終始しています(笑)
aosta001
2006年01月11日 06:16
papalinさん、
カルロッタ、クリスティーヌを小池由美さんがうたったら・・・
イメージからすれば、やはりクリスティーヌでしょうか。カルロッタのキャラクター、わたしは意外と好きなのですが、小池さんのあの伸びと光沢のある声でクリスティーヌを歌われたらすてきでしょうね~!
2006年01月11日 07:04
aostaさん、鋭いところに気づかれましたね。そうなんです。Papalinのブログは、突っ込むネタが一つあれば、その話題で十分に盛り上がるのです。本文は純文学として、申し分のないものなので、皆様が突っ込むところは、こういった写真になるのですよ。(?)
 山○県のお方などは、ブログの内容はさして問題ではなく、ちゃんとご自分の世界のお話のコメントを書いてくださいます。それまた歓迎という、妙なブログですね。
2006年01月11日 07:07
そうそう、僕もカルロッタが好きなんです。クリスティーヌは優柔不断で嫌いです。なので、由美さんはどっちの役が似合うのか、難しいですね。曲の多さ、僕の好きなバラードの多さではクリスティーヌ。オペラティックな歌だとカルロッタになりますねぇ。

 由美さ~ん、どっちがいいですか~? やっぱりクリスティーヌでしょうか~?
aosta001
2006年01月11日 09:18
papalinさん、
クリスティーヌがお嫌い?
私は、彼女とPHANTOMが結ばれてほしかったな!
2006年01月11日 12:44
そうだよ。あれだけファントムをたぶらかしておいて、ファントムを裏切ってラウルの元に走ったクリスティーヌは大嫌いです。(純情なPapalin)
aosta001
2006年01月11日 18:04
papalinさん
小池先生のクリスティーヌに、papalinさんのFhantomというのはいかがでしょう?
美しい二重唱がたくさんあります。
"the point of no return"、とてもドラマティックで感動的な曲ですが、いかがでしょう?
映画でのジェラルド・バトラーが最高に素敵でした。
2006年01月11日 18:39
aostaさん、悪くないですね。なんて言ったら、由美さんに失礼ですね。格が全然違います。
 でも、ご指摘の曲のほかに、ラウルとクリスティーヌの二重唱:All I Ask of Youもいいですよ。そして由美さんにはソロで、Think Of Meを歌ってもらわねばなりません。
 由美さん、お出ましにならないかな~?
lavie
2006年01月11日 19:28
エンジェル オブ ミュージック♪♪ですね。

ところで
>山○県のお方などは・・・というのは、山梨県や山形県の方が多くコメントされているということなんでしょうか?
aosta001
2006年01月11日 21:11
lavieさん。
このブログ、最初の最初から大笑いで始まりましたけど、先ほどのpapalinさんのコメントと言い、今回のlavieさんのコメントと言い、ほんとにおかしくて楽しいブログです。
特にlavieさん、最高です!
スマートなジョークをお返しできないのが残念。
2006年01月11日 21:43
“おっ!?このPaplinの顔写真・・・
今まで見た中で一番カッコいい!”
dogachanさまのお言葉そのまま拝借いたしました(^^♪
Papalinさんこんばんは。お邪魔致します。
そして、aostaさん、こちらでははじめまして。
こちらのブログは毎日楽しいですね!
お呼びいただき光栄です♪
>あれだけファントムをたぶらかしておいて、
>ファントムを裏切ってラウルの元に走った
>クリスティーヌは大嫌いです。(純情なPapalin)
そうですよね。わたしもaostaさんのご意見と同じく、彼女とPHANTOMが結ばれることを願っておりましたから。
しかし、クリスティーヌいいですね。
aostaさんのおっしゃるとおり、今度是非"the point of no return"、感動的な曲ご一緒してくださいね。一生懸命お勉強しておきますから。
Papalinさんもそれまでにしっかり美味しいものでも召し上がって体力つけておいてくださいませ。食べたもの即、声にでますから♪(体に出たら困りますが・・・。)(~_~;)
2006年01月11日 22:16
大事なこと申し忘れました。
dogachanさん、こちらでははじめまして。
プレ王ではお世話になりました。
dogachanさんの暖かいギターの音色素敵でした。Papalinさんと言い、皆さんプロ顔負けですね。またこちらのブログでの暖かいコメント期待しております。
2006年01月11日 22:42
lavieさん、山で始まる県名3つのうちの2つ正解です。残るのは...。Angel of Music そう、その通り。Music of Angelも僕はごひいきにさせて頂いています。そう、Angelさんの音楽です。すごいですよ。
2006年01月11日 23:17
aostaさん、大笑いの対象はPapalinの写真でしょう? もう、ファンクラブ会長は返上してもらわねばなりません。あんな高貴で気品に満ち溢れ、それでいて凛々しくて、最高の写真ではないですか。それを、みんなで寄って集って。ほ~、"たかって"という字はこういう字だったのね。お勉強になったから許して差し上げましょう。ただし、今回までですよ。むっふっふふふ。
2006年01月11日 23:27
わ~い、由美さんだ~。(あからさまに態度が変わる=カメレオンPapalinじゃ。文句がありますか?)
 Angel=天使さん。それに"ぺ"が付いたら...。Papalinは最初何のことかわからなくて、気づいたときには、sakuraさんの"女"発見状態でした。(笑) すみません、今晩はかなり頭がイカレチマッテいます。

 気を取り直して、由美さんのクリスティーヌを聴いてみたいですね。目を閉じて(?)。ストーリーを横に置いていいなら、クリスティーヌの歌(ロイド=ウェッバーの曲)はとても綺麗な曲なので、好きです。"Think of me"をまずお願いします。水が豊かにたゆとうようなメロディ。最後にはカデンツァ風の聴かせどころもあったりして、難しそうな曲です。でも○天使さんなら、いとも簡単に歌えちゃうのでしょうね。僕は気が弱いので、ファントムの凛々しさは表現できないかなぁ。でも、女王と足軽でもいいから、デュエットできたら...と思います。
2006年01月11日 23:30
そうなのです、天使♪さんは、プロなのです。アマの僕としては、やっぱり歌を教えていただきたいです。(おっと、これって、公開申し込みだ!) そして、こんど僕が歌うときに、パンフレットに「由美さんに師事」って書くのです。え? 書いて欲しくないから、教えないですって? トホホですよそれは。じゃぁ50歩譲って「由美さんを支持」にしましょう。これでどうでしょう。
2006年01月11日 23:39
これは、どなたへの返信でもないのですが、何とタイムリーに、凶の朝刊で、米国のニューヨーク・ブロードウェイで上演中の「オペラ座の怪人」のミュージカルが、9日夜に、7486回目の公演を催し、「キャッツ」の持つロングラン記録を抜いたと報じられました。9日といえば、奇しくもPapalinとMylinが劇団四季の上演を観に行った、その日ではありませんか。偶然とはいえ、驚きです。作曲したアンドルー・ロイド=ウェッバーが舞台に立って、挨拶したって。いいな~。ブロードウェイの初演が1988年。これはMylinの誕生した年。これまた奇遇。

 そのブロードウェイで、1000回以上もクリスティーヌを歌ったサンドラ・ジョセフさん曰く。「誰もが魅了される美しい音楽と怪人の深みのあるキャラクターがこのミュージカルの最大の魅力。1000回演じても、飽きることはありません。」 ・・・・・ そう、やっぱりファントムが主演なのです。決してクリスティーヌでも、ラウルでもないんですね。
2006年01月12日 00:18
Papalinさん、私で宜しかったらいつでもお歌のことでお役に立てることがあればおっしゃってください(^^♪Papalinさん美声ですからね。
しごきあげてぴっかぴかのテノールになっていただきましょう。ドミンゴ顔負けの。竹刀or鞭どちらがよろしゅうございますか。ちなみに門下の約半分の男児には竹刀、2人の私の弟にはスリッパ(笑)なんてことは私に限って決してございませんのでご安心くださいね(笑)
2006年01月12日 00:22
"Think of me"素敵ですよね。わかりました。
キャッツで思い出しましたが、よく考えると私にはメモリーのほうが合ってるかもしれません。古い年老いた元娼婦の猫が歌い上げる・・
あっ。若さでしたらやっぱりクリスティーヌのほうが私の年に近いです(笑)。確かにあの曲は難しいですね。前にインターネットで流れていたので一緒に歌って遊んでおりましたが、真面目に歌ったことはまだありません。たぶん音域的には問題ないと思いますがキャラがなかなか難しいかもしれませんね。でも勉強しておきます。
やはり、ファントムは超かっこいいと
ぞっこんでございます。やっぱり可哀想すぎますよね・・・。最後の赤い薔薇がとても印象に残っています。
※そうです、Papalinさんがコンサートのお写真とってくださいました。モデルは悪いですがお写真の腕はとてもよいので宜しかったらご覧ください(#^.^#)
2006年01月12日 00:42
ゆ、ゆ、Angelさん。僕やっぱり歌は自分で楽しむ程度にしておこうかなぁなんて思ったりなんかして...。(文字文字)
2006年01月12日 00:48
天使♪さん、キャッツのメモリー。美しすぎるメロディなんですが、天使♪さんが書かれたように、実は年老いた娼婦の嘆きの歌なんですよね。Toutch me ... 私に触ってよ。私の身体は汚れているかもしれないけれど、心だけは綺麗だわ。 ・・・・・ ん~、これはやはり20歳代の歌手では味がでませんね。なので天使♪さんなら...やめときましょう、その後の句は。

※そうでした。天使♪さんのホームページで、私が撮った写真を何枚か載せてくださっていました。宣伝、忘れてました~。(笑) 天使♪さんのURLから行けますね。
aosta001
2006年01月12日 06:25
小池先生、おはようございます(嬉)
「オペラ座の怪人」のエンディング、クリースティーヌはphantomと結ばれるべきだった、という意見で三人とも一致したわけですね!
あんなに素晴らしい愛の二重唱を歌ったふたり、最後にラウルを選んだクリスティーヌの気持ちがどうしても解せないのです。
こうした、love storyの場合、男性と女性の意見が異なることもあるわけですから、この意見の一致は今後の由美先生とpapalinさんの音楽活動においても必ずや、良い結果をもたらすもの
と思います(笑)
でも、papalinさんのキャラクターはどうみてもphantomですよね。ラウルとは相容れないキャラクターのような気がします。となれば、papalinさんがphantomに入れ込むのは当然かもしれません。由美先生との共演が無理だとしても、いつかpapalinさんのphantom聴いてみたいと思いま
す。もちろん、あの「仮面」をつけて!
2006年01月12日 07:19
aostaさん...
> もちろん、あの「仮面」をつけて!

 僕の場合は、仮面がなくても醜いので、地でいけるかもしれません。(笑)
 男性女性で意見の一致は珍しいことなのですか? あの物語は、最後にハッピーエンドにさせない、現実の厳しさを突きつけている、ノンフィクションなのかもしれませんね。ルルーでしたっけ、原作を読まれたというaostaさん、その辺りはどうなんでしょう?

 天使♪さんのレッスンは、命を縮めそうなので、二の足を踏んでいるところです。こわ~い先生みたいです。ご本人は否定されますが。
aosta001
2006年01月12日 10:15
papalinさん、
私がガストン・ルルーの原作を読んだのは、もう20年以上前になります。
ルルーといえば「黄色い部屋の秘密」をこの代表作とする推理小説の先駆けよいうイメージがあったので、この「オペラ座の怪人」は意外でした。読了後、解説で彼が怪奇ロマンスの作家でもあったことを知りました。
この作品に限らず原作と舞台、もしくは映画とは、やはり「別物」。
原作では、怪人の過去についてかなり言及がされていて、過去と現在、光と闇の対象がより鮮やかに描かれていたかと思います。
幼少時のエリックの暗く悲しい過去、彼はたった一人で唯一音楽だけを友として成長します。
彼の愛情の対象は音楽だけ、そして彼を受け入れてくれるのは音楽だけ。
クリスティーヌが現れるまで彼は生身の人間を必要としていなかったとさえ思えるほど、かれの愛のすべては音楽に捧げられていたと言っても過言ではなかったのです。
aosta001
2006年01月12日 10:37
しかしクリスティーヌの登場によって、その世界は大きく変わらざるを得ませんでした。
彼は、初めて音楽を共有する相手を見出したのです。エリックが(彼の名前は、映画や舞台に出てきましたっけ?)クリースティーヌを求める想いの深さ、時に強引な、また子供のような一途さは、そのまま、それまでの彼の人生の闇の深さです。
幼くして両親を亡くし、孤独の中で成長したクリスティーヌにもまた、彼に通じる闇があったのかもしれません。
対するラウルは光の中で生きてきた人間。
クリスティーヌの、エリックへの共感とは別に「光」に対する憧れが彼女にあったとしても不思議ではありません。原作には、そうした心のひだや錯綜する想いがより鮮やかに描かれていたように思います。舞台は見ていないのでなんとも言えませんが、映画でこうした深層心理の奥深くまで表現するには、時間とか予算といったいろいろな制約があって難しかったのかもしれませんね。
2006年01月12日 12:40
私は原作を読んでないのですが、きっとイメージとしては、その深さの順に、原作>旧映画>新映画>ミュージカル(四季)なのでしょうね。舞台だと、どうしても省かざるを得ないところもありますからね。

 愛の対象が音楽ってところは、Papalinとも似てますね。でも、僕は怪人のような苦しく辛い過去は持っていませんし、皆さんを始めとする人々にも恵まれています。
2006年01月12日 12:45
aostaさん、一つ前に書いたコメントと同じことですが、あの4つの順番で、省略部分が増えていきます。それは仕方のないことですが、それでも、映画やミュージカルが、どこにスポットを当てたいのか、どこでメッセージを伝えたいのか、そういうのはあると思うんですよね。特にミュージカルでは、"現在"のファントムの姿しか演じられてなかったです。背景に潜む、心のひだ、そういうものはやっぱり原作(=活字)でないとだめかも...ですね。
lavie
2006年01月12日 18:27
papalinさん、
>NHKニュースで海外、N.Y?で、公演が最高数を記録したと今日、放送してました
と、私がpapalinよりも先にコメントしていたのを見逃してはいませんよね。詳しくは覚えてなかったのですが、ぴったり【今日】というのが、私の主張点でもあったのです。だって、ほんとにドンぴしゃで、私は、そのニュースの後、papalin「オペラ座の怪人」ブログを見たんです。
aostaさん、
>あんなに素晴らしい愛の二重唱を歌ったふたり、最後にラウルを選んだクリスティーヌの気持ちがどうしても解せないのです
に、賛成です。私も主人公は、phantomと思います。それ故にその視点から見るので、phantomの悲しい恋が成就してほしいと願うのでしょうね。
2006年01月12日 20:06
lavieさん、ごめん! ぶっ飛んでました。(笑)
 Papalinの解釈によりますと、クリスティーヌは、まだお尻の青い小娘なのです。あれだけファントムの才能に惹かれていきながら、最後は美形のラウルを選んだ。人生まだまだですね。

 容姿は年とともに、恋愛に占める割合は小さくなっていく...これは僕にとっては正しく渡りに舟なんですけどね。
dogachan
2006年01月13日 00:12
こちらにもコメントを♪
Angelさん♪
こちらでは初めまして!(笑)
近々「プレ王」も「帰国」する予定です。
また今年も宜しくお願いします♪
2006年01月13日 00:20
天使♪さん、dogachanのコメント、Presented by Papalinです。その秘密は、パガニーニに。
2006年01月13日 09:10
では、秘密の場所にいってみましょう。
(本当は読んで知っている・・・お気の毒に
dogachanさん真夜中の晩御飯なんて・・・。)

注:Papalinさん私のレッスンは優しいので有名ですから。普段はマリア様と呼ばれているくらい(^^♪
...閻魔様に舌抜か...
2006年01月13日 12:30
天使♪さん、こんにちは。
 Angelさんは、なんとまたの名をMariaさまと。もうこれ以上の敬称はないという、高貴なお方だったのですね。そんな畏れ多い方に僕の歌を見ていただくなんて、やっぱりできませぬぬぬ。ちなみに天使♪さんのおうちには、閻魔様も寄り付かないのですか?
2006年01月15日 23:32
Papalinさん、私はそんなに怖い人ではございません。生徒達に聞いてみてください。例外なく皆口々に"24歳"の゛美しく"て“とっても優しい”先生と言いますから(笑)そう。私はうそつきではないので閻魔様が来る必要はないのです(^_-)-☆
※aostaさん、顔文字Papalinさんのおっしゃるとおりですが、あと無料の顔文字ダウンロードもなさったらいろいろなお顔あんなのやこんなのもあるようです。顔文字で検索なさったら方法出て来ると思います(#^.^#)
天使♪
2006年01月15日 23:37
あっ!!すみません。
少し寝ぼけており、コメントするところを間違えてしまいました。顔文字はえっと...。別の..
Papalinさんどうしましょう。
aosta001
2006年01月15日 23:46
天使♪さま  
大丈夫ですよ。
こちらでしっかり拝見させていただきました。
ご丁寧にありがとうございました(謝)
 そうなんですね!無料のダウンロード、早速ためしてみます。
「無料」というところが大事です。
papalinさんにも教えていただきましたので、そう遠くない将来、私もかわいい顔文字を使って、楽しいコメントを書かせていただきたいと思います。
2006年01月16日 07:02
◆◆ 私はそんなに怖い人... 天使♪さんへ

 あれれ、天使♪さんは、僕とふた周り違うと仰っていましたので、今年成人になったばかりだと思っていましたら、4歳も鯖よんでいらっしゃったのですね。(笑)

 顔文字、無料でダウンロードできるのですね。知りませんでした。時間のあるときに、ネット・サーフしてみようっと。
2006年01月16日 07:09
◆◆ 少し寝ぼけており... 天使♪さんへ

 かなりお疲れなのではないですか? 大丈夫ですか? aostaさんは嗅覚が優れていらっしゃいますから、どこに書いても見つけて下さいますよ。(笑)
2006年01月16日 07:13
◆◆ こちらでしっかり... aostaさんへ

 さすがですね。どこに書かれても見つけ出す、まるでトリュフを見つけるブーちゃんのようですね。素晴らしい。

 「無料」という字には弱いものですが、出処をしっかり確認しておく必要があります。やばそうだなという直感が働けば、今回の顔文字だけでなくても、止めておいた方が賢明ですね。

この記事へのトラックバック

  • 『オペラ座の怪人』 ~ Phantom of The Opera ~

    Excerpt:  lavieさんのリクエストで、今宵は表題のブログです。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2006-01-09 23:46
  • 劇団四季「オペラ座の怪人」見てきました

    Excerpt: 映画ばっかり見ている僕ですが、今回はなんと映画ではなくミュージカルです。僕にとっては何とも高尚な・・・。いやー、初めて劇団四季なんて、僕にはもったいなすぎるところに行ってきました。題目はオペラ座の怪人.. Weblog: よしなしごと racked: 2006-02-01 03:39
  • 顔文字 ダウンロードです。

    Excerpt: 顔文字 ダウンロード サイトです。顔文字辞書登録 2ちゃんねる顔文字辞書のダウンロードならSmile-Style顔文字辞書登録、専用2ちゃんねる顔文字辞書のダウンロードならSmile-Style.顔文.. Weblog: ダウンロード@ダウンロード生活どっと来い。 racked: 2007-04-19 23:48