チョビが死んだ。

 オカメインコ。前のうちに居たときから、娘が小学2年生の時から一緒でした。

画像 実は、ちょうど10年前のことですが、チョビはお隣のお家に迷い込んできたのです。昼間のことでしたので、お隣の奥さんが「娘さんもいらっしゃるし、飼いませんか?」と当時存命の母に。インコは母も大好きでしたので、二つ返事で頂きました。

 でも、娘に事実を伝えるのは忍びない。折りしも、娘の誕生日が迫っていました。そこで、親切な大人たちは、娘へのお誕生日プレゼントにすることにしました。娘が喜んでくれたのは言うまでもありません。

 名前はチョビ。毎日母をはじめ、みんなで「チョビちゃん、チョビちゃん。」と呼びかけているうちに、彼(♂らしい)も覚えてしまいました。以降、朝から「チョビちゃん」の連発。当然のことながら、可愛さは増しました。

 新しい家に移ってからは、サマーハウスもでき、春がきて暖かくなったら家の中からサマーハウスにお引越し。そうして6年目でした。

 ネズミに殺やられました。

 ニワトリやアヒルを飼っていますので、ネズミの餌は豊富です。何に困ったのか、窮鼠チョビを噛んだのです・・・。家族をまた一人(!)失いました。♂で残っているのは、ウコッケイのコムギとリュウセイとホモサピエンスのPapalinの3人(!)です。ネズミを除いてですが。

【写真】 2005年のありし日のチョビちゃん。安らかに...。

この記事へのコメント

lavie
2006年09月20日 22:47
オカメインコちゃん、何度かpapalinブログに登場したので、覚えていますよ。よく、喋るんですよね。
動物好きの友だちも息子(中2)の誕生プレゼントにって買って、まだ幼鳥でしたが、私に見せてくれたので、「オカメインコ」ちゃんの印象は濃いです。
悲しいですね。インコちゃんの寿命ってどれくらいなんですかね?天命が全うできなかったのかな。なんかさびしいですね。ご冥福をお祈りいたします。
2006年09月20日 22:54
◆◆ インコちゃんの寿命... lavieさんへ

 お悔やみをありがとうございます。チョビは恐らく十数歳の命だったと思われます。

 ホムペからリンクを貼らせて頂いているお気に入りブログのNAGAさんのおうちは、僕より年上のオカメインコちゃんが健在です。凄いです。
おとのしずく
2006年09月21日 05:05
ねずみさんにおそわれたのですか・・・可哀想なことでしたね。小学校2年生のころから一緒だったお嬢様きっとどんなにか悲しいことでしょう。きょうだいを亡くしたような気持ちでしょうね。
私も昔インコ飼ってました。おしゃべり人懐こいインコは可愛いですもんね。
いままで素敵な家族に大事にしてもらって沢山愛してもらって ちょびちゃん、きっと幸せだったとおもいますよ。
これからは 空高くから 皆さんを見守ってくれますよ。
心からご冥福お祈り申し上げます。
2006年09月21日 17:59
◆◆ 大事にしてもらって... おとのしずくさん

 お悔やみをありがとうございます。
 こういう田舎に住んでいると、街では考えられない事故がおこります。ご承知かも知れませんが、我が家はニワトリやアヒルが沢山いまして、当然のことながら餌は豊富に散らばっています。それを目当てにネズミは来ますね。餌には不自由しなかったはずなのに、どうしてチョビまで...。悔しいですよ。
あずな
2006年09月22日 02:42
憎っくきねずみのヤツ(ーー;)
今度出てきたら、ただじゃおかない!!
御仕置きしてやるからね!!
って言っても、相手がねずみじゃ仕方ないですね。
ねずみクンにもねずみクンの言い分があるのかもしれませんし・・・
でも、チョビくんは、ご家族の中では、貴重な♂だったのですょね。
papalinさんの強い見方がいなくなっちゃったのですね。
これからは、天国からpapalinさんを応援してあげてね。
2006年09月22日 08:41
◆◆ papalinさんの強い味方... あずなさんへ

 強い味方としては、ちょっと役不足だったかな。貴重な♂でもあり、我が家では稀少な♂でもありました。ネズミは退治し切れませんね。(笑)
2006年09月22日 23:18
ただかなしい、くやしいですね。
2006年09月22日 23:38
◆◆ ただかなしい、くやしい... takasiさんへ

 これも自然の掟と、胸に言い聞かせてます。

この記事へのトラックバック

  • 困ったときの ペット頼み

    Excerpt: こいつ、オカメインコのチョビちゃんと言います。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2006-09-20 20:24
  • 自然の掟

    Excerpt:  たった今、ニワトリが一羽、持って行かれました。多分、野良猫の仕業だと思います。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2006-09-20 20:25
  • 自然の掟 Ⅱ

    Excerpt: ニワトリが一羽死にました。仕方ありません。 Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2006-09-20 20:25
  • お悔やみの時に贈る言葉

    Excerpt: ここでは、お悔やみ電報文例を紹介しています。良かったらこの電報文例を参考にしてみて下さい。 お悔やみ電報を送るときは、マナーに気をつけたいものです。 まず、重ね言葉はタブーです。重ね言葉というのは.. Weblog: 電報文例@電報文例集サイト racked: 2007-06-03 19:15