◆IL DIVO◆ ソナティーナ (teke2)

≪ 生演奏で全曲聴けるページ ≫

画像
J.S.Bach / Sonatina BWV106
URL : http://papalin.yas.mu/W206/#M002

  ◇公開日: 2007年11月13日
  ◇演奏時間: 2分24秒
  ◆録音日: 2007年11月 (46歳)
  ◆上記の英語の曲目名をクリック
    して、Papalinの音楽サイトから
    お聴き下さい。(視聴?・試聴?)



2007年7月に演奏した曲。
今度は、beingreenさんの編曲による4フィート用の楽譜をお借りして、
1オクターブ下げて8フィートで演奏してみた。

バスがトップっていいね。
女声合唱よりも男声合唱の方が、ピッチのズレが気にならないのと
同じ理屈で、4フィートより8フィートの方が、ハモッて聴こえるような・・・。


画像
【 バッハの肖像  右上はパパリン 】



★使用楽器★

       (1) バス        メック     木製
       (2) バス        メック     木製
       (3) グレートバス   ヤマハ     木製
       (4) グレートバス   ヤマハ     木製
       (5) コントラバス   ゼンオン   木製




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった田舎暮らしを応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

この記事へのコメント

2007年11月13日 21:24
バッハの肖像の説明に
右上はPapalinって、わざわざ書いてあるのって、、、、、
Papalin
2007年11月14日 06:22
◆◆ わざわざ書いてあるのって、、、

takasiさん、ありがとうございます。
あはは。特に意味はないです。
ちょっと前にアート的な変なポートレイト写真を使ったので、何だこりゃ? って思われるといけないと思ったり・・・。
2007年11月15日 11:43
この曲、いろいろ聴いてきましたが、こんな感じの演奏は初めて聴きました。
 オクターブ下げただけで、こんなに変わるんですね。あたたかく包み込むような感じがとてもいいです。
2007年11月16日 12:57
バスがトップ!
音が深くなりました。
そしてバスの音色って、こんなに豊かに響くのですね。バッハの「ソナティーナ」は大好きな曲。
昔、この曲を聴きながら、言い知れぬ感動に涙した晩のことを思い出しました。
とても小さな曲ですが、何回も何回も繰り返して聴きいているとひたひたと、何か暖かく優しいものが波のように寄せてきます。
Papalin
2007年11月16日 21:27
◆◆ こんな感じの演奏は初めて・・・

Noraさん、ありがとうございます。
さて、こんな感じというのはどんな感じだったのでしょう。beingreenさんの編曲、シンプルで気に入ってます。彼の編曲が音として本当に生きるには、実はちょっと楽器が非力だと感じました。冒頭の部分はグレートバス・リコーダー(C管)が前奏の旋律を担っているのですが、このヤマハのリコーダーがどうもあまりいい音がしません。バロック・リコーダーの形状をしているので、高音は楽々出るのですが、低音は鳴りません。かつ全音域に渡って、音が細いんです。beingreenさんに申し訳ないと思っています。

でも、実は解決できそうなんです。手段はまだ秘密。そのうちにばらしますが・・・。そうして焼き直したい曲が沢山あるんです。ウッシッシ。
Papalin
2007年11月16日 22:32
◆◆ 音が深くなりました。

aostaさん、ありがとうございます。
バスリコーダーって、結構表情をつけられる楽器だってことを認識したのは、8フィートアンサンブルを知ってからです。それと、『な~んだ。名前はバスだけど、肉声のアルトの音域じゃん』と思ったときから、バスリコーダーに対する思いが変わりました。充分ソロとかトップが吹ける楽器なんだと。そしてまだあります。僕のバスリコーダーですが、他の楽器も多分そうだろうけれど、息がボ~ボ~入るというのはよく言っていますよね。つまりそれだけ表情がつけやすいってことでもあるんです。一方のグレートバスは名前に反して、か細い音しか出ない楽器です。面白いですね。

この記事へのトラックバック