◆IL DIVO◆ グリーグ / 詩的な音の絵 Op.3

≪生演奏を公開しています≫

画像
Edward Grieg (1843-1907) / Poetic Tone-Pictures Op.3
URL : http://papalin.yas.mu/W233/#M003

  ◇公開日: 2011年4月2日
  ◇演奏時間: 10分17秒
  ◆録音日: 2011年4月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



グリーグのピアノ小品、気に入りました。
でも、騙されたような気もします。
結果的には瓢箪から駒でしたので、
むしろ歓迎しているのですけれど・・・。

と言いますのは、アリエッテの楽譜を見たときに、
ブルクミュラーの25の練習曲(おっと、まだ
完成していませんでしたね)程度のグレード
なのだろうと、勝手に決め付けていたのです。
アリエッテは、穏やかな感じの曲でしたからね。

そしてもう一つの理由は、全音のピアノ・ライブラリーの楽譜には、背表紙にグレードを表す★印がついていて、私はそれも参考に見て楽譜を買います。★が5つも6つも付いているものは手を出しません。グリーグのこの楽譜集は、★が3つでした。その理由がわかりました。Op.3もOp.12も全曲が掲載されているのでは、抜粋なのでした。こんなところにも(歓迎すべき)落とし穴があったのですね。

さて、シリーズものが大好きな私です。8曲からなる曲集なら8曲、そしてこの6曲からかる「詩的な音の絵」ならば6曲全部を演奏してみたくなるのです。足りない楽譜はIMSPLを活用させてもらいました。そうして予想通り、グリーグの音楽の深みにぐいぐいと吸い込まれて行ったのでした・・・。



曲は素晴しいです。Op.13の「叙情小品集」を演奏したときに、これは独自にトピックを立てよう(W233)と思ったくらいですから、間違いはありませんでしたが、このOp.3の「詩的な音の絵」は、もっと素晴しい、そう感じました。リコーダーでのアンサンブルとしても、グリーグの小品は合っていると感じます。

楽譜を見ますと、"Allegro"系の曲(第4番以外)は、いわゆるバロック時代のそれとは違って、ベートーヴェン以降の時代の"Presto"で演奏しないと様にならないだろうなと感じました。しかし技量の問題もあります。ですが妥協してゆっくりやったなら、それはグリーグの意に反するものとなるでしょう。ならば得意の寝技で、一人で演奏すべきフレーズであっても、二人のPapalinに分担させようと決めて取り掛かったのが、5番と6番です。

その5番が非常に気に入りました。ノルウェーの民族音楽って、こんな感じなのでしょうか、非常にエネルギッシュで、血が滾る・・・そんな感じがします。前半はアルトにメロディを担当させましたが、後半にテナーにバトンタッチしてからの演奏が、よりパワフルになったかなと思っています。

一方で、4番のような曲が出てくるとホッとするのです。



曲想に応じて、曲単位でテナー・リコーダー(旋律を担当する楽器)を使い分けました。
そうしてアルト・リコーダーは極力使わずに、テナー・リコーダーを重視しました。
コントラバスでは、ここぞという時に、最低音Fの下のEを出しています。

その辺りが、この曲集の演奏の聴き処でしょうか・・・。




楽譜は、買い置きのピアノ譜を使いました。
載っていない曲(1、2、3、6番)は、IMSPLから借りました。
全て、低音の出ない音以外は、原音で演奏しています。


Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



曲目と楽器

   第1番 Allegro ma non troppo    T・B・GB・CB
   第2番 Allegro cantabile       T・B・GB・CB
   第3番 Con moto           T・B・GB・CB
   第4番 Andante con sentimento  T・B・GB・CB
   第5番 Allegro moderato       A・T・B・GB・CB
   第6番 Allegro scherzando      A・T・B・GB・CB



使用楽器 (440Hz)

    アルト       メック          オリーブ
    テナー       全音           チェリー
               メック          ボックスウッド(オトテール)
    バス        ヤマハ         メイプル
    グレートバス   キュング        メイプル
    コントラバス    キュング        メイプル





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック