◆IL DIVO◆ グレゴリオ聖歌 / ミサ第11番 "Orbis Factor"

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Gregorian Chant (7-9th c.) / Missae 9 "Agnus Dei"
URL : http://papalin.yas.mu/W509/#M001 (オリジナル)
URL : http://papalin.yas.mu/W509/#M101 (伴奏つき)

  ◇公開日: 2012年5月27日
  ◇演奏時間: 8分×2
  ◇録音年月: 2012年5月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第9番のアニュス・デイを歌いましたら、全曲を歌ってみたくなりまして、楽譜をネットで探したのですが、ネウマ譜のもの(つまりオリジナルの楽譜)しか見つかりませんでした。私はネウマ譜ですと、まだちょっと間違えて歌ってしまう自信がありますので、あえなく断念しました。ところがその過程で、面白いものを見つけました。

オリジナルの単旋律の部分も現代譜で書かれており、更にはオーストラリアのChristophere Mooreという方が、1999年に、キーボード伴奏をつけた楽譜を公開していました。しかもその鍵盤用の伴奏は綺麗に4声で書かれています。これはリコーダーで演奏しなさいということですよね。これがまたなかなか宜しい。是非お聴き下さい。


歌う過程で、グローリアに登場するフレーズが、ロイド=ウェッバーのレクイエムに登場するメロディと同じであることに気づきました。彼は、ヨーロッパ音楽の原点でもある、このグレゴリア聖歌のミサ曲からモチーフを得たのですね。さすがだと思いました。今回歌ったムーアさんの編曲も、ロイド=ウェッバーの曲みたいに繊細でメロディアスです。


歌は、単旋律版も、伴奏つきの方も、全く同じものを使っているのですが、前者だと歴史的に聴こえ(やや艶っぽいですが・・・)、後者だと現代的に聴こえます。私だけでしょうか。



楽譜は、CPDLから拝借しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (A=440Hz)

   テナー(声)    Papalin

   ソプラノ      モーレンハウエル   キンゼカー
   アルト       メック          オリーブ
   テナー       全音           チェリー
   バス        ヤマハ         メイプル
   グレートバス   キュング        メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2012年05月28日 14:36
グレゴリオ聖歌の響きが大好きです。
雨の午後、気分よく過ごせました。
古い時代の音が、やはり素敵に聞こえます。
古い時代が何でも好きです。
Papalin
2012年05月29日 05:21
◆◆ 古い時代の音が、やはり素敵に聞こえます。

沙羅さん、ありがとうございます。
シンプル・イズ・ベストでしょうか。
砂糖もミルクも足さないコーヒーでしょうか。

私もここ数年、古いものが好きになってきました。
そういえば、演奏している音楽は、若い頃から古いものでした。
ichi
2012年05月29日 12:34
**グローリアに登場するフレーズが・・・

そういう発見したときは、マンガではないけど電球が光りますね。電球を作らなくなった未来ではどういう表現になるのでしょう?さて、素朴な歌だけのものももちろんいいですが、リコーダーの伴奏がはいっていたほうが、Papalinさんらしいことは言うまでもありません。グレゴリオ聖歌はユニゾンでうたわれますが、多重録音でユニゾンを歌ったら、どんな効果が生まれるのか?など思いながら聴いていました。そういえば、ロイド=ウェッバーのレクイエムはまだ歌っていませんでしたね。話にはしばしば登場していましたし、いろいろなレクイエムを歌っているので、断片的にはやっていたような気もしていました。オペラ座の怪人の労作も強いインパクトがあり好きでした。いつかやってください。
そうそう、これはもう2000年の旅に出かけたということですね。
Papalin
2012年05月30日 05:21
◆◆ 多重録音でユニゾンを歌ったら、どんな効果が・・・

ichiさん、ありがとうございます。
一般的にはユニゾンであっても"合唱"の響きになると思います。実は多重録音機に"Chorus"というエフェクト機能がついています。これを使いますと、たった1声だけを録音したものが、合唱っぽく聴こえます。具体的に何をしているかというと、ピッチを微妙に変えた音をいくつか混ぜているのですね。つまり、合唱とは、音程がピタッと決まらないものだ・・・と、エフェクタの設計者は考えたようです。

ちなみに私の場合ですが、笛より歌の方が遥かに音程が悪いので、重ねれば重ねるほど"合唱"になるでしょう。それと、左右のスピーカーから私のユニゾン(もどき)が聴こえてきたら、恐くないですか? (^_^;)
 
ロイド=ウェッバーのレクイエム、いいですね。CDを持っていますが、ドミンゴが歌うベネディクトゥスなんて、相当難しそうです。現代人の曲ですから、楽譜も高いでしょうね。(^_^;)
 
2000年の旅に出ました~!

この記事へのトラックバック