◆IL DIVO◆ 多田逸郎「バロック名曲選:ソプラノ」 (3) クプラン/王宮のコンセール 第4番

[CD・楽譜 Studio-Papalin]

画像
Recorder Library Tada Itsuro series 1 / Baroque pieces for Descant Recorder and Keyboard / François Couperin (1668-1733) / Quatrième Concert
URL : http://papalin.yas.mu/W703/#M110
URL : http://papalin.yas.mu/W104/#M103

  ◇公開日: 2015年09月08日
  ◇演奏時間: 16分25秒
  ◇録音年月: 2015年09月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。



フランソワ・クプランの宮廷音楽。なんとも艶やかで、垢抜けた音楽ですね。
本日の演奏の調律も、ヴェルクマイスターです。


楽譜は、こちらを使用しています。

使用楽器
   ソプラノ      モーレンハウエル   グラナディラ
   テナー       全音           チェリー
   電子鍵盤     ローランド         Classic 20



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの人生を応援して下さる方、この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2015年09月09日 17:55
フランスのバロックは装飾的で流れがありますね。そして煌びやかな感じもありますね。一人の時、度々流している曲です。 Papalinさんのリズムはリズミカルでまた違う味わいで面白く聴かせて頂きました。 楽譜も参考になりました。いつか手にしてみたいです!
Papalin
2015年09月09日 20:27
◆◆ フランスのバロックは装飾的で流れが…

keikoさん、ありがとうございます。
イタリアやドイツとは全く異なるフランス・バロック。バロックという時代的な括りで語るのが良いものかどうか、そんな気さえしますね。そのフランス・バロックですが、イタリアやドイツのそれと同時代の作曲家として思い浮かぶのは、リュリ、クープラン、ラモー、オトテール、マレ。う~ん、ボワモルティエ、ブラヴェ、ノードにフィリドール…。フランスものにはまってしまうと抜け出られなくなります。中でもクープランはその華やかさで群を抜いていると思います。宮廷的なリュリとはまた違った高貴さを感じるんですよね…。

この記事へのトラックバック