◆IL DIVO◆ 月刊ピアノ 歌劇『ウィリアム・テル』より 序曲 <連弾>

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Monthly Piano Magazine 2016 by YAMAHA / For 4 hands new series (Rank 2) / "Guillaume Tell" Ouverture (Rossini)
URL : http://papalin.yas.mu/W286/#M011V10

  ◇公開日: 2016年10月6日
  ◇演奏時間: 1分24秒
  ◇録音年月: 2016年10月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




手頃な値段の、ヤマハ『月刊ピアノ』誌に掲載されるピアノ用の楽譜を参考に、独自にリコーダー・アンサンブル用にアレンジして演奏しています。

2016年10月号の「連弾しましょ♪ さらに楽しく華やかに シリーズ」から「歌劇『ウィリアム・テル』より 序曲」を演奏しました。

イタリアの作曲家ロッシーニが1829年に作曲した作品です。スイスの伝説の英雄の活躍を描くもので、彼の数多くのオペラの中で一番最後に書かれました。序曲は4つの部分からなり、ファンファーレと馬が軽快に走るような行進曲調の第4部「スイス軍隊の行進」は特に有名です。運動会やテレビ番組で使われるなど、最もポピュラーなクラシック曲の一つとなっています。


12重奏になりました。この曲は昔から苦手です。(^_^;)


楽譜はYAMAHAの『月刊ピアノ』をベースにしてアレンジ演奏しています。


使用楽器
   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   グラナディラ
   アルト          ヤマハ          エボニー
   テナー          全音            チェリー
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの人生を応援して下さる方、この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ichi
2016年10月07日 12:24
これはすごい!! アンコールで演ったら盛り上がりそうですね。
Papalin
2016年10月07日 17:22
◆◆ アンコールで演ったら盛り上がりそうですね。

ichiさん、ありがとうございます。
曲の長さもアンコールには良さそうです。
でも、私は遠慮しておきます。(^_^;)

この記事へのトラックバック