モンペリエ写本 (ハンス・ティシュラーによる編集譜) No.001~No.010

 
スタジオ・パパリン [CD・楽譜]  [武藤哲也 リコーダー&オカリナ教室]

画像
Codex Montpellier (1250-1300) Paris / Researches in the Music of the Middle Ages and Early Renaissance; The Montpellier Codex (edited by Hans Tischler(1915-2010))
URL : http://papalin.yas.mu/W011/#M201

  ◇公開日: 2017年1月10日
  ◇演奏時間: 18分51秒 (合計)
  ◇録音年月: 2017年1月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。




IMSLPに、現代譜があったので、演奏してみました。
この時代の音楽は、ソルミゼーションやリズムに関して多くの謎を含んでいますが、
今回は考えることなく、ハンス・ティシュラー氏の解釈を音にしてみました。


楽譜は『IMSLP』掲載のものを使用しました。



使用楽器

   ソプラニーノ      キュング         ローズウッド
   ソプラノ         モーレンハウエル   オリーヴ
   アルト          ヤマハ          エボニー
   テナー          全音            チェリー
   テナー          メック           ボックスウッド
   バス           ヤマハ          メイプル
   グレートバス      キュング         メイプル
   コントラバス       キュング         メイプル
   サブ・コントラバス   キュング         メイプル (+エフェクタ)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック