◆IL DIVO◆ 水戸黄門 (編曲:P-san)

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
"Mito Komon" Theme Song & Inro Scene BGM (Wada Fumie Arranged Works)
URL : http://papalin.yas.mu/W702/#M011

 
  ◇公開日: 2012年12月10日
  ◇演奏時間: 12分23秒
  ◇録音年月: 2012年12月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




3曲目は、先頃制作終了した長寿番組、『水戸黄門』でした。私なんかだと、この3曲の中では最も親しみがある曲ですね。でも、こんな雅楽のような前奏がついているとは、ついぞ知りませんでした。

おそらく、アレンジされた中で、この曲(主題歌の方)が一番難しかったのではないでしょうか。その理由は、リズムは特徴的であるにも関わらず、コードが単純だからだと思います。その辺りのところに関して、P-san自身が、こんな風にコメントされていました。

「水戸黄門」は一番何も考えないでトップに旋律を歌わせました。施設でのボランティア演奏を念頭に置いたもので、トップが小細工をせずにおなじみの旋律を歌ったほうが、皆さんで一緒に歌っていただけるのではないかと思ったからです。そんなわけで笛で吹いてみると案外つまらなかったです(^^;)


そうですね、そうした配慮が伺えました。考え方はそれで構わないと思うのですが、要は"旋律がきちんと聞こえてくること"であり、そのことさえ外さなければ、伴奏は少し楽しんでみてもいいのかなと感じます。

そこで、私が手を加えたのは、相変わらず外声のバスだけですが、下記の点でした。

 1)全般的にBの音を変えて、動き(流れ)をつけて、音楽が停滞しないようにした。
 2)この曲の特徴的なリズムを、これでもかと強調してみた。
 3)50秒近辺で、旋律だけを残して他のパートの音を消し、逆説的に強調した。

如何でしょうか。アレンジのコンセプトといいますか、P-sanのアレンジの狙いを損なわないようにしながら、少しだけ手を入れたつもりです。即興的に不協和音も使っていますので、ひょっとしたら、元の方がしっくり来るのかもしれません。どちらが優れているということもありません。それこそフィーリングでしょう。聴く方も、演奏する方も。


そうそう、『印籠のシーン』の楽譜もついていました。これは最近私がはまっている中世の響きがして面白かったです。特に手を入れたいところもありませんので、ちょっと遊んでしまいました。(^_^;)

P-san、こんな感じで宜しいでしょうか? (数千両の前金に見合ったかしら?)



楽譜は、P-sanから頂戴しました。



編成 と 使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ       モーレンハウエル     グラナディラ
   アルト        メック             オリーヴ
   テナー       メック             ボックスウッド
   バス         ヤマハ            メイプル




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

"◆IL DIVO◆ 水戸黄門 (編曲:P-san)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント