◆IL DIVO◆ モテト ”すでに時は来れリ” / G.ツァルリーノ 【男声合唱】

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Motet "Ecce iam venit plenitudo" / Gioseffo Zarlino (1517-1590) [Male Chorus] (recorded in 2013)
URL : http://papalin.yas.mu/W207/#M031

 
  ◇公開日: 2013年4月17日
  ◇演奏時間: 2分55秒
  ◇録音年月: 2013年4月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




北御門文雄さんが編集されたリコーダー四重奏曲集から、
第1集の「ルネサンス声楽曲」の演奏に再度取り組みました。

歌ってみようプロジェクト(?)ですが、「こおろぎ」は、一応男声合唱で歌うことができます。一応と書いたのは、トップ・テナーがかなり高音なので苦労するという理由だけです。他に男声合唱として歌える曲はないだろうかと、北御門さんの曲集をもう一度眺めてみましたら、ありました。それがこのモテトです。

ジョゼッフォ・ツァルリーノは、イタリア・ルネサンス時代の音楽理論家であり、作曲家でもありました。特に音楽理論に関しては、ラモー以前の最大の理論家と言われています。音律は元より、対位法に関する理論では多大な貢献をした人です。このモテトもそうした対位法を駆使したフーガになっていますね。

対位法の代表選手でもあるフーガやリチェルカーレは、ホモフォニックな曲と違って、どのパートを歌っても(リコーダーで演奏しても)、他のパートと同等に楽しいということがあると思います。そして優れた作品は、どの声部にも音の自然な流れがあります。新実徳英先生がよく仰っていた、音が行きたい方向へスムーズに運ばれていくというのと同じかも知れません。何気なく演奏したり歌ったりしていますけれど、違和感を伴わないで演奏できる曲というのは、実は素晴らしい曲なのであり、作曲家の技量だと思うのです。

そういう曲、すなわち声部が自然に流れるような曲ですから、歌詞の大意を掴んだあと、いきなり歌って録音してみました。そういうのを公開してしまうのは、あまり(かなり)良くないことです。



楽譜は、IMSLPから借用致しました。



曲目

  今こそ別れ / ジョン・ダウランド
     Now, o now I needs must part / John Dowland (1563-1626)


  モテト ”すでに時は来れリ” / ジョセッフォ・ツァルリーノ
     Motet "Ecce iam venit plenitudo" / Gioseffo Zarlino (1517-1590)

  こおろぎ / ジョスカン・デ・プレ
     El grillo / Josquin des Prez (1450-1521)

  インスブルックよ さようなら / ハインリッヒ・イザーク
     Insbruck, ich muss dich lassen / Heinrich Isaac (1450?-1517)



使用楽器 (A=440Hz)

   Papalin




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m


「ルネサンス声楽曲」の全曲を収めたCDは、こちらからお求め戴けます。






"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

"◆IL DIVO◆ モテト ”すでに時は来れリ” / G.ツァルリーノ 【男声合唱】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント